top of page
  • 執筆者の写真mooty

仁義なきコロナ感染 『歌舞伎町ホテル隔離編』

コロナウィルスに罹患して隔離生活14日目だ、感染の経緯と病気との共存を考えてみた。

感染発覚の1日前は普段通り仕事をしていた、ただ普段と微妙に違うのは午前中は大雨の中ずぶ濡れで仕事をし深夜シフトもあり日没から朝方まで歓楽街の雑居ビルで仕事をしていた。疲れて免疫が落ちていた所に感染したようだ(滞在潜伏期間はよくわから無い)

自宅療養をしていて直ぐに食材を東京都に頼んだが届いたのは10日間後だった。家族がいるのでホテル隔離生活を選択した。東京都の支援は文句なしに手厚いなと、個人的には感じた訳だが。PCR検査を無料で受診して商品と引き換えに贈り物を貰い続けるという詐欺まがいの行為が続出しているらしい。

僕が個人的に考えてみると、他人や制度を出し抜いていい思いをしたい気持ちの裏腹には自己肯定感の低さや事物の不信感などが要因になっていると思うのである。じゃあどうしたら自己肯定感や不信感に囚われなくなるか、それは正直になるのが近道の気がする。したら正直に無料でPCRを受けて報酬を貰いたいのは正直ではないか?というが感染者もいるかもしれ無い所で,検査を受けるリスクや時間を考慮すればヤフオクで欲しいものを漁っていた方が利己に良いのではと思う。まあ僕はヤフオクを毎日チェックする習慣は健康に悪いのでやめましたけどね。

仁義なき戦いを拝見した。最初は戦後占領下の米兵の非道に立ち向かう若者が組織作るシーンで始まり戦後の痛切なじいちゃん達の物語が語られるのを生唾を飲んだ。そして物語は徹底的に不信、誰も信じれない。皆んなが今の立場が不当で組織のトップになる為に裏工作して殺し合いしまくる。中でも仁義という組織の掟を守ろうとするが裏切られる。戦中の教育や戦後の戦後民主主義が正しい新しい教えですよ。ってなった引き裂かれた心情を引きずってるように感じた。

民主主義的に皆んなで話し合って組長を決めても裏工作して、殺し合う。自分の立場もいい位置なのに。刑務所に入ったり報復されるのに。自己肯定感が全くない。

最後は若い者が結局上に言われて殺して殺される。その若者は名前も知ら無いような末端な組員だ。

これって完全に日本の戦争反省と敗戦国の複雑な心理だよなぁ。

あの映画ほぼ怒鳴ってキレてるから。2、3日キレやすくなってしまった笑笑


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

Comments


bottom of page