top of page
  • 執筆者の写真mooty

大きな時間の物語小さな時間の物語

友人に誘われて東京ジャーミィーの見学に参加した

ムスリムの礼拝は日本で言う土下座の様に見えたが神との主従関係は労働におけるマスターと奴隷の関係性には見えなかったそもそも労働に置ける資本家と賃金労働者の嫌なイメイジは神創造主と被造物の関数と同等と見るのが間違いだと思われる(神の奴隷などと表現されるから)。ナビゲーターも話していた動的であるこの礼拝行為を一連としてみると物凄く動くのだ上下に屈伸のようなのをして腕を上げ下げまるでラジオ体操の様であった。これを見れたのはいい経験であった。

礼拝は願いじゃなく感謝を込める感謝それには利得はあるのか考えてしまった僕にSは答えてくれた周りの人が不快を感じず心地よい関係を結べれば皆包み隠さず明るく元気になれると。自ずと自身も元気なエネルギーを他者からもらえると言う算段らしい。

敬虔な心のあり方を問われている、僕にとって神は事後処理でしかなかった。問題や辛いことがあると頼る便利な存在だ。だがそんな不箔な神との契約もうんざりしていた。

最後に『ビスミッラー』(慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において)この定型句を友友人に教えてもらっていたけどビスだかネジだか分からなくなっていたが今回の見学でしっっかり記憶に残りそうだ。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Commentaires


bottom of page