top of page
  • 執筆者の写真mooty

数学と物理(演算の恐怖)

数学と物理を一緒にしては困ると学者は言うが僕にはよくわからない。

物理の原理の証明にも公式がりそれは数式で表されるのを知っているからだ。

この頃、拝読している本がある『1、2、3無限大』ジョージガモフ著作だ。

上記のフレーズはガモフがその本に書いていた。

学生時代、√の概念が分からなく数学(まだ算数レベルか笑?)全く勉強が出来なくなってしまった。演算や公式もノリで解法しているだけでその妙味を噛みしめ悦に入る数数学者的人格や物理学者的人格を持つには至らなかった。

このホームページは、音楽するMOOTYが主体となって出来ている。音楽言語を修養するのに記譜法は大切だ。僕はJAZZ,POPSを教室で学んでいる、アドリブの習得にはプロの方も沢山方法論の書物を出しているが。実感としては記述しまくる五線紙に音符を書きまくるのが楽しくなってきた時技術がついてきた気がする。

話を戻そう数学も高校数学とレベルが上がるにつれ数字意外の記号を沢山使う例えば係数だったり、なぜxやyが数学に現れるか理非を感じてしまうが数学とは整数や実数のような唯物即物的な側面と√のような書き込んで書き込んでイメージで感じる世界などがあるんだなと知った。これを想起して数式をノートに書き写している時筆が走りこれは中々悦だなと思うのでした。

電磁気学や光の回析は面白いなア。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ハイパーソニックエフェクト

大橋力さんの著作「ハイパーソニックエフェクト」の前書きを拝読している。 超簡単に説明すると人間の身体に必要な栄養素ビタミンやアミノ酸と同じ程度の音楽栄養素もあってもいいんじゃないかという内容。例えばEMaj9thはビタミンCみたいだと単純に考えてしまってはイケナイらしい。音楽が栄養素として脳に受け入れられるのはその楽曲全体が生み出す構成されたグルーヴからという説である。だからどうしたら音楽から必須

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

Comentarios


bottom of page