top of page
  • 執筆者の写真mooty

歌心と宗教

更新日:2022年8月6日

僕は法華経を学び日蓮仏法を親の代から世襲している。簡単なお経を覚えて唱題する事があるのだが若いときは全く覚えられないしよく意味がわからなかった(現在は覚えたのは忘れたし意味もそう理解はしてはいない)。

一時こんな事も出来ないなら「好きな音楽も上達しないとぞ」言い聞かせ丸呑みする様に身体と脳に覚え込ませた。

その時僕はなぜ、この仏教は歌心がないのか?楽しくないし気持ち良くないという思いだった。漢字を読むのは呪文みたいで、また違う楽しみ方もあるのだが。

それから、東京ジャーミーや広尾のユダヤ教団、ゴスペルなどを拝見する縁起があり。礼拝時の朗誦や歌を聴いたが仏教のモーダルなお経とは全然違う物だった。

クァルーンの朗誦はコーダルでコード進行が聞こえてきそうだったし、シナゴーグでのカディシュは民謡のような素朴な懐かし味のある歌だった。

そして仏教では声明というのもあるらしいが聞いたことはないので、日蓮仏法に限っていうと歌ではないお経であり旋律も上下に動かずコード感もない、一定のスケールに数字を振り最小限の動きで躍動なく動いてる感じだ。ただリズミカルな部分が強調されている。

自分の宗派が嫌な時があり改宗したいと考えた事もあったが現在は「まぁいっか」とこんな感じだ。

吉本隆明さんが浄土真宗で親鸞に帰属意識をもち書物も出版しているが、何故そこまで親鸞にこだわるですか?の質問にたまたま浄土真宗の宗派だっただけだよと仰ったお話がある。

僕も無理やり深く思い込まず、まぁなんとなく受けいれてみようで生きて行こうと思うのであった。

世間では某宗教の2世がテレビで苦労を語っている、こころが痛いので心情を吐露した。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

Comments


bottom of page