top of page
  • 執筆者の写真mooty

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。

漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。

ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。

ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説してくれた企画もあったのでブログを書いてみようと思う。

2人の共通点は多い、朝日新聞で働き同じ家屋に交代で暮らしたり。そして面白いのがストレイシープ迷える子羊、迷子の翻訳を考えてお互いの小説作品に採用し記述されていた事だ。

共通点以外にも、真逆な面個人主義に生きた漱石と公を生きた鴎外など分けれるはずだ。

少しずつ彼らの作品を拝読していければと考え思いを巡らせている。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年の重大ニュース

新年あけましておめでとう御座います。 正月休みも終わり2024年がスタートしたので昨年を振り返ってみようと思う。 僕にとって忘れられない記憶に残った出来事は5点ほどだ。 1.例年に続き2度目の音楽発表会への出演を達成した事。 2.日本電子音楽協会MIDI検定の4級、3級の資格に合格した事。 3.作曲配信した楽曲が2万回再生を超えた事。 4.神奈川は藤沢でJAMセッションに参加した 5.地元で知り合

サムライチャンプルー

アニメ「サムライチャンプルー」を拝見した。 音楽の作曲家がNujabesで、かなりカッコ良い音楽だ。本編内容も侍のバトルシーンも楽しいし、HipHopの要素も入っている。 もう10年以上前のアニメ作品だが、当時HipHopに勢いがあったとてもいい時代だと思う。 話題は少し横にズレて音楽ジャンルもアートも新しい物は出尽くして、あとは古い物のリデザインなどと言われているが。騒がれないだけで面白く新しい

田川水泡

江東区深川のノラクロ展示会を拝見してきました。田川水泡その人は「サザエさん」の作者長谷川町子の師匠であることは認識していた。 ただノラクロの漫画は拝読した事もないし、田川水泡の事も全然知らないので驚いた事ばかりだ。 奥さんは批評家小林秀雄の妹であり、若い時分は大正前衛芸術運動をしていたと略歴には記載されていた。 そしてノラクロとは野良犬の黒猫であり天涯孤独の身でした。その制作理由にこれ以上ない不幸

bottom of page