top of page
  • 執筆者の写真mooty

私は誰かの重要人物になりえるか

初めに言っておくが承認欲求や他者に己の存在の適否を求める事とは話が違う。

snsのフォロワー数やいいねの数、YouTubeの視聴履歴、ブログの拝読歴。

僕を取り巻く環境は、世界に開いている。

しかし全て無料のコンテンツだ。

無害無欲なら付き合うよという話だ、暇つぶしなんだ。

とまぁ僕もそんな感じを視聴者に望んでる。

ただ事音楽制作については次元が異なる。

最初のアルバムも(そもそも作品を一つにまとめる気も売りに出す事も念頭になく制作していた)誰から声が掛かった訳でもなく、曲作りの際に実社会生活の中で関わった人人や遊びに行った事読書や他のアーティストの作品が全てでは無いが想像の源泉になっていてお世話になったのだから形にしなければと焦燥して制作した。

シュミの語源になっているか、しらんがフランス語のシュミラークルとシュミレーションという本がある。

シュミとは現実の記号化と書いてあった。難しくてよくわからないでほとんど読めなかったのだが。。。

話は脱線した、回路を復旧しよう。

商品を流通させるには戦略が必要だ、snsも同じなのかもしれない。よくフォロワー数を購入しろとDMもくる。

ただ僕の場合2ndアルバムは50本3rdは100本は売りたいと制作を進める上で考えなければいけない事に気づいた。

もちろん、この定数ではまったく商売にはならないのだが僕には現実的で手の届きそうな理想の数値だ。この人口1億に対して50〜100を狙うという事に戦略はあるのか?そもそも僕の音楽は無料コンテンツでも5人位しかいいねはつかない。

すなわちこの販売数になる顧客はなんだかよくわからないけどノリで買ってみたという係数みたいな人種を狙う事になる。

僕の音楽は市民権を得られるのか、、、冒険はつづく(続けたい)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Comments


bottom of page