top of page
  • 執筆者の写真mooty

私的な年に一回のお祭り

例年通りに2022年もお祭りを何事もなく終了できた。

人はルーティーンやご褒美、記念日などで人生のある1日を特別な日にする。

僕にも30年以上生きてきて、誕生日の他に音楽教室の発表会やレッスン前のエスプレッソ朝のコーヒーに緑茶、年に一回のお祭り(私的な)など多数に渡って年間業行事が定期で行われている。

なかでも今回のお祭りは、開催前にも周りの方々の尽力助けられさらに終わった後も支えられてきたので手厚い恩返しと愛情の気持ちを気配りにして返礼して行くつもりである。

ただ一つ例年と違うことは大学の前で関係者がいる中今年は全く別の畑からの使者がいた事だ。配っていたパンフレットを見ると、お茶の水アテネ・フランセ仏語講座の案内であった。

これはもう日本以外の国には旅行以外では行かないと硬く心に誓ってから初めて海外の言語に興味を持ちシェイクスピア、ベンジャミンフランクリンやゲーテの2語翻訳(原文と日本語)を読み書きし趣味で遊んでいての出来事だったので驚いた。

趣味の範囲で楽しく語学を学んでいくつもりだ。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ハイパーソニックエフェクト

大橋力さんの著作「ハイパーソニックエフェクト」の前書きを拝読している。 超簡単に説明すると人間の身体に必要な栄養素ビタミンやアミノ酸と同じ程度の音楽栄養素もあってもいいんじゃないかという内容。例えばEMaj9thはビタミンCみたいだと単純に考えてしまってはイケナイらしい。音楽が栄養素として脳に受け入れられるのはその楽曲全体が生み出す構成されたグルーヴからという説である。だからどうしたら音楽から必須

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

Comments


bottom of page