top of page
  • 執筆者の写真mooty

自由についての段階的省察

僕の記憶を遡及しよう、「自由」忘れもしないこの言葉に無限に熱狂した時期がある。それは小学生の時分クラスの席替えの時だ「さぁ君たちの自由だ好きに席を決めればいい」僕たち学生は自由を謳歌し叫び狂った。仲の良い友達と隣の席に座り顔の知れた連中で周りを固めるただそれだけだった。少なくとも僕は嫌いな奴、好きな女の子、注目してる男子などの事は考えず目鼻先の事を考えていた(1クラスのみ40人いかない学校だった)。

教師について思うのは多分、自由この概念を分かり易く伝えるのに飴を与えただけで自由の本質を理解していなかったんだろう。

僕たちのもっと上の世代は自由民主主義・デモクラシーの概念を学生と共有するのに苦戦したようだ。

どうやら僕たちの代は民主主義を忘れて自由だけがポイントになってしまったようだ。

イスラム教学者の中田考さんは、自由なんて概念がない国も沢山あるとその本に書いていたし。内田樹さんの著作「私の身体は頭がいい」で武道家の甲野先生は、「人間は自由なのか、それとも宿命に操られているのか?」と考えている時導いた結論は「人間は自由である時にこそ、その宿命を知る」と記述されていた。

僕が考えたのは自由というのは失敗に学ぶ経験値で増えた方法論の事。若輩者だった過去の時分は選択と集中にエネルギーを使っていたが大人になると物事には手順があり選択は苦ではないし手段でしかないそのもっと先の未来に橋をかけられたかが重要になるとこの頃思う。

自由は毒にもなるし薬にもなる、なぜ民主主義が抜けて自由だけになってなってしまったかまた次の機会に考えてみようと思う。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

Comments


bottom of page