top of page
  • 執筆者の写真mooty

謹賀新年2023年1月1日

更新日:2023年1月6日

明けましておめでとうございます。

新年がスタートしたのだが、大晦日の年越しから渋谷駅は盛り上がりを見せたようだ。東京には日本中の馬鹿が集まっているとインテリのシニックな意見に同意するつもりはないのだが、かつての大馬鹿者の1人としてもまた今年もこんな感じなのねと日本酒を飲み新年を迎え早朝は、緑茶と珈琲をすすり朝のニュースを家族と拝見していた。

2023年の関心ごとは岸田政権の舵取りだ。防衛費の問題、抑止力(これはもはや先制攻撃)の問題、憲法改正の件だ。九条の会の創立者が逝去された後もその活動を保持していられる後任の方と共に護憲とは言わずも武力の放棄については自信を持って宣言したい。

憲法の序文をコピペしておこう、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

もう一つの関心は米国について学びたいと思っており内田樹先生の米国論の本を手にとって読書をします。あとは引き続き加藤典洋さんの戦後論を読み進め(8.6.8.9原爆投下と無条件降伏の項を拝読中)その他の著書も併せて読みたいです。

そこからウクライナが被害を受けている侵略戦争についての認識を明確にしていく事を考えています。

それとホームページの更新もします。新作リリースを新たに特設ページを作ります。

新たな年、行住坐臥と脚下照顧を胸に精進します!

今年もよろしくお願いします。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Comentários


bottom of page