top of page
  • 執筆者の写真mooty

電気エネルギーについて戯言

チェルノブルノイ原発事故が起きたのが1986年僕が生まれた年、東日本大地震の福島原発事故が起きたのが僕が25歳の時分2011年だ。

特にノーニュークスも他人事で無知な僕は、ただ電気の仕事とシンセサイザーやDAW、モジュラーシンセで電気を使って音楽の作曲をしている。

電気について建設業で言われている事は電気は内装と同じで最後の施工、一般的には生活する3大ライフラインガス、電気、水道でも電気よりも水が大切と言われている。

僕は作曲活動が手放せないので電気とは切っても切れない親密さがある。特にシンセサイザーが作る電子音は凄まじい力を聞き手側に抱かせる。

僕は生の楽器も演奏するので、器楽と電子音の融合を作品作りの主題にしている。

ヤン・ガルバレクエグベルトジスモンティがシンセサイザーを使ったらどうなるか?が裏テーマだ。

電気との親和性は父母世代から格段に伸びている、その例を挙げると生まれた時にはテレビがありテレビゲームをして育った。これは本当に幸せな事だった。しかしドラクエやFFから受けた深淵な物語の構成された世界観や古楽と前衛電子音楽が融合された天国と地獄の様なコスモロジーミュージックはその影響を自身の中から取り出すのは非常に困難極まる。

音楽で電子音を使うときの注意点はそれは暴走するエネルギーをどう制御するかだ(この発想が発電技術の原発の危険性を思い出させる)。なんでも作れるし逆に何にも作れない。気を付けなければ作曲者は電気を使うでなく電気に使われてしまう。

電気については、その知識を深め生活実感と経験を積んで扱わなければいけない、将来の目標に国家資格の電験3種を合格したいと僕は思っている。少しでも電気を理解したいものだ。利便性の人間生活の向上の為だけに電気があるとは思わないそのエネルギーはビクターの蓄音機の犬が飼い主の声を聞いて泣いているのと生き物全て人間を感動させる為にあるのではと僕は考えてみた。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Commenti


bottom of page