top of page
  • 執筆者の写真mooty

1st アルバムAbstrct Monophonyライナーノーツ

更新日:2022年5月19日

チャプター2oneminit0dubは和声やリズムを大体ダウンビートに設定してから作曲したdubはコードチェンジをあまりしないが0dubなのでコードは進行するInstagramの人に聞いてもらうことを想定したのでほぼ1分間の曲作り。制作時間は1曲長くても4,5日で出来上がっていると思う。

全曲物理学者の名前を曲名にした。化学的な人間に少しでも近づけたらなとの思い。作品化の構想は0だったが曲を並べてみると沢山の人々から影響を受けたのがわかりこれは作品にしなきゃと勢い任せに自主制作

CDアルバム 紙ジャケット仕様(国内販売限定)

22分12トラック 2ボーナストラック

1.Gauss'z Fire

祖母の訃報を聞き作った曲ビンテージシンセ風でアナログ感を出して作曲したラスト1秒は天国への電話をと(お婆ちゃんが存命な方は電話しなよってメッセージ)

2.Bernhardlaw

渋谷のスタジオでaltsaxを録音した。サンプラーをかけて抽象化してエレクトリックサウンドにしてみた初めての試みなので研究したい

3.Ki2021

渋谷へ行くまでの道のりを音楽にしたお店がどんどん入れ替わり立ち替わりでいつ歩いても楽しい感じ

4.YBTY@(session)

友人Zととの久々のスタジオバックのトラックは元に作った曲をスタジオ入る直前10分くらいで書き直したもの

5.Bingdong

畢生の曲の1つこれ以上自分と向き合った曲はまた作るのは難しいと思う。サックスの新大久保で修行時代12key全キーでオーバーザレインボーを練習していた時の思いが詰まってる。仕事が忙しくて音楽するのが大変だった泣ける思い出。

6.elevenscorpions

dawソフトをエイブルトンliveからlogicに移した1発目の曲気に入っている確かハッピーバースデーソングをリハモ毎年2人の友人の誕生日にリハモして曲を作っている

7.secret track

デュークエリントンのAtrainが元ネタ学生の習作みたいだが楽しく作れた

8.Maxwellraw

絵本作家の駒形さんにお会いして思い浮かんで作った曲ワルツ風にしたけどやっぱり伝統ある音楽を模倣するのは難しいし小っ恥ずかしい

9.Lorentzraw

ビンテージシンセYAMAHADX7を取り入れた曲オールディーズ見た目は明るいけど病んでますみたいなイメイジだった好きな曲である

10.Coulomb'zraw

ロックぽいリズムとベースにしてみた

11.d'Alemberetlaw

浮遊感と80年代風ナスティな感じと90年代の暗さは僕のテーマ

12.YBTY2(studiorec)

2回目のZとのスタジオ秋葉原で録音した僕のサックスが入ってないのはいい演奏ができなかったらZをメロディに編曲して曲作りしたZは本当にギターが上手いと思う依代というのかな

13.Woliu

5番との双子だがこちらは仕事のお世話になった人への気持ちを込めた。水道ポンプの電動機部分と歯車部分のイメイジ。水と電気の流れが伝われば成功!仕事も音楽も楽しく今の僕に召命された本分なのかと思い始めている

14.Paulli'zraw

デザイナー岡泰道さんの追悼イベントを青山に見に行って出来た曲。ソフトシンセ音源をプリセットから独自にいじって作った。日本中の方が知る超有名な人なので沢山の人が悲しんでいた僕も大好きな人だ。

15.sercret track

なぜかYouTubeで150回以上再生された記録を持つ曲僕は坂本龍一とalvanotoの共作が大好きなので影響されてると思う



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

コメント


bottom of page