top of page
  • 執筆者の写真mooty

沈黙

映画「沈黙」を拝見した。原作の遠藤周作の本は読んだことがない。若い時分に古本屋で購入した恋についての作品は本で読んだ記憶がある。

この作品を見ようと思ったきっかけは、長崎の聖地旅行をテーマにした内田樹さんと釈徹宗さんの本に紹介されていたからだ。

僕が印象に残った人物は、井上さまとキチジローとパーデラの奥さんだ。

キリスト教徒を棄教させよう、あらゆる手を尽くす。そして改宗させる事になるのだが、(先に来た宣教者の方と同じで)そこに悪意はない。井上様が「ただ宣教するには日本という沼が深いから難しいのだ」という表現をするのだが中々考えさせられる場面でだあった。

他にキチジローその人は何度も懺悔(告解)をする反省の様子はないが背徳感に責められるのが耐えられないのだろう、僕の人生にはこんな感じの人はまだ現れていない笑最後にパーデラの妻になった日本人女性が荼毘の前に柩に十字架を入れている。

棄教してから祈る事をやめた旦那の死後にまた聖物を送るとは二枚腰だなぁと感心したのであった。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Commentaires


bottom of page