top of page
  • 執筆者の写真mooty

Cosonantマキシアルバム作曲ライナーノーツ

更新日:2022年9月22日

9/21に配信リリースをしたアルバムCosonant/について一言作曲の後話を書いておこうと思う。

このアルバムと1stアルバムもカセットテープで少ない本数販売しているのでそちらもよろしくお願いします。

今作はダブルタイトルと一つの楽曲を12曲に編曲した風変わりのマキシアルバムだ。

まずconsonantはアンビエントミュージックを作ろうと思い手をつけた。旋律を耳馴染みによく繰り返し聞ける事ができるように注意しビートはなしにした。

ここから新しく導入したvstプラグイン(arturiavcolection7)の使い方を考えた時に10種類以上あるソフトシンセを全部使ってみようと実験をしてみた。コレが僕には上手く言ったように思える。12曲編曲をすると決めた時自分の息子と通う公園を思い出し子どもの成長と変化する季節を意識するようになっていた。聞いてみるとこれは冬だな春だなぁといい感じの趣になっているはずだ笑

全部聞かなくても一つつまんで自由に聞いていただければと思います。

もう一曲はA chorus of little piggieは、渋谷図書館の閉館を悲しく思い曲にしてみた。

30年以上の図書館との付き合いで小学生から現在に至るまで通っていた場所であった。

中でも映画作品「バケモノの子」細田守監督に渋谷図書館が映し出された事も僕の思い出と記憶を強力にした。

こんなイメイジだ図書館の天窓から朝日が入りカーテンが揺れて本に光と風が差す、子供たちの声と紙芝居の声が聞こえる2階地下では外国の新聞を読むおじさん、眠りにつく人達、論文を書く大学生たちがいる。その建物の取り壊しの時には電気を消して主回路のブレーカーを落とすだろう、水道も主弁を締め建物が少しずつ破壊されていく。

そんな事を考えていた

サックスバージョンについては、渋谷図書館最後の開館の閉館間際に予約した本を取りにきていた時分、ディスプレイ棚におすすめの本にサックスの入門書が配置されていた。

それは僕がサックスを手にした時に購入した,サックスの入門書であった。あぁそうか君の閉館にはサックスを吹いてみようかと、建物と約束をしたのだった。その録音はサックス初学者のクソ度胸でリズムを全て無視して録音してみたのだ笑

僕も少しは上達したかな

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

男はつらいよ 完

山田洋次監督の「男はつらいよ」全48話と特別編を全部鑑賞し終えた、一年程の期間でその時は毎日家に帰るのが楽しみであった。寅さんの女性との関わり方昭和から平成にかけて女性の価値観の変わり方は大変学ぶところがある。 初期の頃は結婚やお稽古事の他に父の介護やしっかりした職の男性に嫁ぐなど女性の生きた方が定型化していたがヒロイン役の桃井かおりや牧瀬里穂の時は父親に反発はするわ女性の権利を主張するなど時代の

漱石石房と観潮楼

新宿区は早稲田にある夏目漱石記念館と文京区千駄木にある森鴎外記念館に足を運んだ。 漱石を拝観した時は、企画展は「硝子の戸の中」漱石最後に執筆した作品を鴎外は「漱石と鴎外」の企画展を開催していた。 ハッキリ言って予備知識なし、本もまったく拝読していない状態、言い訳をするならその場に行くから感動し物事が音を立てて動き出すだろうと甘という考えで言ってみた訳だ。 ちょうど鴎外記念館で2人をまとめて解説して

Comentarios


bottom of page