top of page
  • 執筆者の写真mooty

君たちはどう生きるか

細野晴臣の「さよならアメリカ」以来の映画館である。「君たちはどう生きるか」を拝見した。

僕は宮崎駿作品は「千と千尋の神隠し」が当時中学生で外で遊ぶのに夢中でもうじっくりとその作品を見る事はしなくなっていた。記憶にあるのは、それ以前の作品達だ。

「ラピュタ」や「風の谷のナウシカ」などは記憶にしっかり焼き付き、「カントリロード」や「耳をすませば」は母親と映画館に訪れた思い出もある。

その宮崎駿監督の事は、どんな人か全然知らないので渋谷陽一さんとの対談本「風の帰る場所」を読んでみたりもした。労働組合で企業相手に闘っていたエピソードやパワハラ気味な社員への態度を笑いながら語っているがそれも映画を作るのに制作費は億越えだと言う、そんな仕事をする訳だから作品の内容とは別に仕事には大変厳しい人柄のようだ。

「君たちはどう生きるか」に戻ろう。

今回の映画のサウンドトラックがリリースされたので一聴してみた。全体的に久石譲さんが自由にピアノを演奏している印象を受けた。

ただ一曲だけ、シンセサイザーを弾いている曲があった。それはワラワラの登場場面の曲のだ。その他僕が気になったのは、燃え盛る炎の場面や電気がバチバチ鳴るシーンが印象に残った。

僕自身シンセサイザーで、音楽を作曲するので演奏している楽器がどう発音しているかイメイジ出来ない電子楽器の曲は一般の人たちがどんな印象持つか大変興味深い。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庭園巡り

連休が続いたので昨年から始めた東京にある庭園を巡る事にした。 始まりは清澄庭園に次は芝離宮恩賜庭園に浜離宮恩賜庭園に小石川庭園に六義園に古河庭園と回りました。それぞれ良いところもあり特に退屈はしない子供を連れて遊んでいても子供も満足していた。渡月橋に蓬莱山、竹藪、花壇、松桜柳に飛花落葉を感じ亀や水鳥などもいる自然豊かな風雅を楽しめる。人々もその優雅な時を官能的に過ごしていた。 中国をモデルにした芝

末井さんの本

隣町珈琲のトークショー「無意味でいいじゃないか」を拝見してからゲスト出演者末井さんの事が気になり何冊か著作物を読んでみた。 その本の中に「自殺会議」があり、日本都道府県の自殺死亡者率を統計したグラフを記載していて自殺率の全国1番低いのは徳島県らしいという。 そして現地調査に行かれた話にとても関心したので少し記憶にあるエピソード中のフレーズを書き残しておく。 徳島県一部の地域には病気は外に出せという

渋谷教育学園

縁あって渋谷幼稚園に足を運ぶ最中、高等科の渋谷教育学園の窓口に寄ってみた。 著名人(マイケル・サンデル)の写真や記念品などが展示されていて一つ目についたのが一冊の著作物であった。「アメリカの反知性主義」と主題に書いてある著者はリチャード・ホーフスタッターそしてこの本を米日翻訳したのが渋谷教育学園の創始者田村さんだと言う事らしい。反知性主義は僕にも馴染みがある、僕の師匠である内田樹先生がアンソロジー

Comments


bottom of page